リフォームローンの基礎知識と金融機関・金利: リフォームローンのデメリット(無担保リフォームローン)

2013/11/22

リフォームローンのデメリット(無担保リフォームローン)

リフォームローンにはデメリット(短所)もいくつかあります。
有担保リフォームローン・無担保リフォームローンのそれぞれにデメリットがあります。

<無担保リフォームローン・無担保住宅ローン>

無担保リフォームローンは抵当権設定の手間はありませんが、有担保型に比べて融資限度額が低い、返済期間も短い、金利も高めと借入条件は悪くなります。

しかし、
最近の無担保リフォームローンは金融機関の競争の激化で、無担保と有担保の差が無くなってきました。

それは、
新築で戸建てやマンションを買って住宅ローンを組んだ世代が、傷み始めた家屋のリフォームの時期に来たり、思い切って二世帯住宅に変えるなどの需要が増えてきたからでしょう。

数十年前の住宅設備より今の方がはるかに良くなってきていますし、災害や環境に即した最新の住宅設備の開発は、リフォームを決意するには十分すぎるくらいのクオリティーであると思います。

ただ最近のリフォーム会社や住宅設備会社の売り込みや金融機関のリフォームローンの売り込みは益々エスカレートしているような気もします。

リフォームローンについては金融機関ごとに融資条件が異なります。

有担保リフォームローン・無担保リフォームローンにそれぞれにメリット・デメリットがありますので、よく考えてからローンを組むようにしましょう。
まずは 無料審査! ★秘密厳守★ 総合マネージメントサービスの不動産担保ローン

親切!丁寧!スピーディー!
おまとめローン
不動産担保ローンの
【中央リテール】