リフォームローンの基礎知識と金融機関・金利: リフォームと減税(省エネリフォームの固定資産税の減額の手続きと必要な書類)

2014/04/03

リフォームと減税(省エネリフォームの固定資産税の減額の手続きと必要な書類)

省エネリフォームを行って固定資産税の減額を受けるには、省エネリフォーム工事完了後3ヶ月以内に、物件所在の市区町村に改修工事内容が確認できる証明書等の必要書類を添付して申告する必要があります。

*省エネリフォームの固定資産税の減額に必要な書類
•固定資産税減額申告書(申告する市区町村にて取得)
•熱損失防止改修工事証明書
•納税義務者の住民票の写し

熱損失防止改修工事証明書は建築士事務所に属する建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関又は住宅瑕疵担保責任保険法人が作成し、証明したものです。

リフォーム減税制度の利用を検討する場合は、リフォーム工事を業者に発注する前に、制度利用について相談し、改修工事に係る熱損失防止改修工事証明書をしっかり発行してもらえるかを確認してください。

それでも税制は難しいので不安だったら、各市区町村の地方税担当課等に相談してみるとよいでしょう。
まずは 無料審査! ★秘密厳守★ 総合マネージメントサービスの不動産担保ローン

親切!丁寧!スピーディー!
おまとめローン
不動産担保ローンの
【中央リテール】